一級建築士事務所 アトリエキミの日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

朱鞠内湖での釣り。

時間をつくって北海道の北の内陸にある朱鞠内湖という人工の湖で釣りをしてきました。

朱鞠内湖は幻の淡水魚といわれるイトウの釣りで有名な場所です。
「釣りバカ日誌ファイナル」でも、浜ちゃんがイトウを釣った際に、「もう死んでもいい」と言っていましたが、
今回はそんなイトウを狙って行ってみました。

日の出のAM3:30の1時間前には到着して、釣りの準備をします。
まだ薄暗いうちから、釣り開始です。
syumarinai1.jpg

周りの人も暗いうちから釣っていました。
syumarinai2.jpg
朝イチが一番釣れるのですが、まわりの人はアメマスが一匹、二匹釣れていた程度でした。

僕も全然釣れない!

朱鞠内湖は、イトウの他にも、アメマス、サクラマス、などのマスが釣れます。
しかしながら、マスはマスでも、ニジマスは生息しないのだとか。

午前中いっぱいキャスティングしていましたが、なかなか釣れず、体力も消耗が激しかったため、
朱鞠内の管理センターでテントをレンタルし、急きょキャンプすることにしました。
泊まる予定ではなかったので、何の準備もしてきていません・・・。
近くにも宿泊施設はあまりなく、いろいろと探してみましたが、レンタルテントを選びました。
syumarinai3.jpg
アウトドア用の椅子やテーブルは常備していたので、セッティングします。

しかし、とにかく虫が多い!
蚊もブヨも、小蠅も、蜂も、とにかく虫だらけです。

そんな中でも必死に釣ります。
syumarinai3-1.jpg
キャンプ場の方に場所を変えたら魚影が濃い!
テントのすぐ目の前が湖で、釣り場だなんて、ちょっと夢のような場所です。

ついに50センチオーバーのアメマスゲットです!
syumarinai3-2.jpg
朱鞠内湖のアメマスは35~50センチくらいにしか成長しないとのことなので、ここでは大きめのアメマスが釣れたということでしょうか。
嬉しい!

食べる物も、宿泊準備も何も用意してなかったので日中のうちに、買い出しにでかけましたが、
このあたりにお店はないので、朱鞠内湖から40分以上車を走らせ、士別という町まで行きました。


テントがあるので、安心?して、真っ暗になるまで存分に釣りを楽しみました。
syumarinai4.jpg

久しぶりのキャンプ。
レンタルのランタンの灯りで、ゆっくりお酒でも飲んで、仕事のデッサンでもしようかな・・・と考えましたが、
前日は徹夜。AM8時には就寝してしまいました。

そして、AM2時50分には起床!
少し明るくなってきていて、もう鳥が鳴いています。
syumarinai5.jpg
湖の景色もとてもキレイ!

急いで、朱鞠内の漁業組合に行って、遊漁券を買ってきました。
朱鞠内湖に限らず、この時期の釣りの解禁時期には、遊漁券が必要になります。

釣り2日目のこの日は朝から、サクラマスになりかけているヤマメが15匹ほど釣れました。
(ヤマメという魚が大きくなって、斑点模様がなくなるとサクラマスになります)
syumarinai6.jpg
狙いのイトウは何度か仕掛けに寄せることはできましたが、喰わせることはできずに、
何度か姿だけを見て、釣りは終了・・・。


札幌までの帰路が長いため、お昼には朱鞠内湖を発ちます。

帰路の途中、僕がずっと気になっていた場所に立ち寄りました。
以前、「奇跡体験 アンビリーバボー」という番組で、三毛別という町に過去最大のヒグマが現れて、
町を襲って、大変だったという恐ろしい事件のことを放送していたのですが、
立ち上がると3メートル50センチにもなるというヒグマが日本史上最大の獣害事件を起こしたという、その町に行って来ました。

その集落はもう残っていなくて、一番被害が大きかった家だけが残っていました。
襲ったヒグマを再現した人形もあり、家の中は生活していた様子が少し残っていました。
syumarinai7.jpg
車を降りて見学しようとすると、
「本当にヒグマが出ます。見学中にヒグマを見たという通報が何件か寄せられていますので、ご注意ください」と
看板がありました!

場所が山奥なだけに、ちょっと怖い!

僕が教員をさせていただいていた時の生徒さんで、1人、この町の出身者がいました。
授業が中断され、その話で大盛り上がりしたことがあります。
紙谷くん、元気にしていますか?僕は三毛別に行きましたよ。


そして、ちょっと怖い三毛別を後にし、北海道の北の日本海側へ出ました。
すると、海岸で海サクラマスを狙っているアングラーたちがたくさんいるではありませんか!

「ちょっと様子を見てみよう・・・」というつもりが、やっぱり釣りに行ってしまいました。
寄り道ばかりで札幌に帰れるのでしょうか・・・。
syumarinai8.jpg
釣りの目標のうちの1つの海サクラマス。
頑張りましたが、この日も釣れず・・・。
サクラマスは海水温度の影響を受けるので(魚はみんなそうですが)、海で釣れるマス達は、みんな北の方に移動しています。
札幌付近の海でのマス釣りはシーズンが終わりです。

これからしばらくは北に遠征になるのかな。

北海道の日本海側をどんどん南下して、小平という町の道の駅で、遅い昼食をいただきました。
(午後4時なので、早い夕食ともいえますが)
小平はニシンやタコが名産。
というわけで、タコザンギをいただきました。
(本州の人のために説明すると、ザンギとは北海道の食べ物で味つけ唐揚げのことです)
syumarinai10.jpg

お刺身の定食もいただきました。
syumarinai9.jpg

食事の後は、留萌という町で、ロックフィッシィングをしようか迷いましたが、
さすがに寄り道せずに札幌にもどりました。

最近は仕事か釣りしかしていません・・・。
どちらも徹夜など不規則な時間ばかり。

養命酒を飲んで頑張っています。
  1. 2014/06/25(水) 16:57:05|
  2. 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。