一級建築士事務所 アトリエキミの日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

海サクラマス釣りへ。

先日、今年の初釣りをしてから、また釣りブームが始まってしまいました。

ここ2~3年、狙っても釣れない海サクラマスをどうしても釣りたい僕は、日本海側にある岩内という港に向かいました。

海サクラマスは早朝が釣れる、ということで、前日0時に急きょ「釣りに行こう」と思い立って、
準備をして1時間の仮眠をとった後、2時30分に起きて3時に家を出ました。

ほとんど徹夜なので、レッドブルを2缶持参。


6時には到着しましたが、もうサクラマスを釣った人が2~3人いた様子でした。

僕もさっそく釣り始めます!

このごろの北海道の日の出は4時30分くらい。

サクラマスは日の出とともに釣れ始め、すぐに釣れなくなってしまうので、
この日は僕は、ちょっと出遅れた感じです・・・。

それでもあきらめずに釣りをしていると、ヒット!!!!!!!!

「やったー!海サクラマスだー!」と喜んで、釣りあげると・・・、
海アメマスでした・・・。

DSC_1396.jpg
海アメマスでも十分嬉しいのですが、贅沢を申しますと、海アメマスは何度か釣っているので、
やっぱり狙っている海サクラマスを釣りたい・・・。


でも、とりあえず嬉しい!
DSC_1401.jpg

午前8時すぎともなると、魚たちはいろんな釣り人の仕掛けもたくさん見て、
捕食している本物の魚なのか、ニセの魚なのかを覚えてしまっています。

なので、時間が経つにつれて、釣れなくなります。


そろそろ場所を変えようかな・・・と思っていたところに、毎週発行され、いつも読んでいる釣り新聞「つりしん」さんの記者さんが話しかけてきました。
アメマスの釣果はありましたがリリース、そしてサクラマスは釣れていないため、そこそこ話しましたが、
取材とは至りませんでした。

この日、旭川から来ていてサクラマスを釣った方が取材を受けられていました。
(次のつりしんに、実際その方たちが掲載されていました。僕もつりしんにも載ってみたかった~、残念!)


そのまま、岩内から海岸沿いを南下し、牡蠣小屋で牡蠣とハマグリをいただきました。
DSC_1451.jpg
いつも混んでいますが、この日は開店してすぐだからか、待たずにいただくことができました。


その後、岩場でも何度かサクラマスを狙いましたが、釣果なし・・・。


途中、大きな川でニジマスも狙ってみますが、ウグイを活性化させただけでした。
DSC_1430.jpg


その後、午後2~3時にまた岩内港にもどり、人気がなくなったところをまた釣ってみます。

だんだん風が強くなってきて、軽い仕掛けでは狙ったポイントに飛ばすことができなくなってきました。
さすがの僕も、サクラマスをあきらめて、ロックフィッシュ釣りに移行。

通常ロックフィッシュは夕方暗くなり始めてから夜釣りで釣る魚なので、
明るい時間帯は、テトラポットや岩場の影でおとなしくしています。

そこを狙って釣りました。
20140426_085714.jpg
けっこう大型のアイナメがヒットしました。

この日の釣果は、アメマス1匹とアイナメ2匹、そしてソイ1匹でした。
全て海へ返しました。

釣った魚が食べれない僕とは違って、実家の父は釣った魚が大好き。
たまに電話で釣りの話をすると、
「なぜ返した。次からは、その釣り場の最寄りの郵便局から、釣った魚を送ってくれ。」と強く言います。
海がない会津若松では、海アメマスなんて、なかなか目にかかれない夢のような魚なのです。

マス大国北海道と言われている、北海道ならではの釣りなのです。

会津からすると、というより本州からすると、北海道は外国のよう。
カナダやオーストラリアのようです。

だから、僕はこれからも釣りをするのです。



  1. 2014/05/07(水) 11:27:10|
  2. 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。