一級建築士事務所 アトリエキミの日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

トルコへ(エフェス)

イズミールからエフェスという都市にバスで移動します。


ここもエーゲ海側の都市で、札幌から来た僕には温かく、着るものに悩みました・・・。
(気温は今の東京と同じか、少し暖かいくらいです)

札幌の冬と同じ服装では暑すぎるし、札幌の秋ぐらいの服装だと少し寒いような・・・。




エフェスは、紀元前11世紀に建設された都市国家の遺跡が残る場所。


本当に広大な遺跡があたりに広がっていて、圧巻です!


下の写真はなんと排水設備!
写真上で、僕の横に素焼きの鉢のようなものが縦に並んでいるのがわかるでしょうか?
IMG_2698_convert_20130219162753.jpg
こんな時代にも、地形や近くの川を利用して排水を考えていたなんて、驚きです。

この遺跡には、見学通路にも、あちこちに排水設備の跡が残っている場所が多くありました。



これはニケの石。
ギリシャ神話に登場する勝利の女神ニケのレリーフです。
IMG_2718_convert_20130219162853.jpg
御存知の方も多いかと思いますが、スポーツメーカーのナイキの社名はこの女神からとったものだそうですね。
(こちらはレリーフ。有名なニケの像はルーブル美術館にあります)

他にも、いろいろなギリシャ神話の神々のレリーフが彫られている様子が見られます。




広大な遺跡はずっとずっと先にまで、広がっています!
IMG_2723_convert_20130219162934.jpg
この遺跡には、周りにゴロゴロとレリーフの破片や、彫刻を施した柱の折れたものがあちこちに散在していて、
価値観がおかしくなりそうなくらいです。

ちょっと触ったり、登ったり、腰かけようとする石が、すべて遺跡!




この遺跡は公衆トイレ跡。

隣りの人と会話しながら用を足していたと考えられています。
もちろん、この便座?の下には排水設備が整っていた跡が残っています!
IMG_2730_convert_20130219163026.jpg


これは、セルスス図書館。
このエフェス遺跡のシンボルともいわれる建物跡です。
IMG_2732_convert_20130219163110.jpg
1階と2階では様式の異なる柱で造られています。


これは、大劇場跡。
約2万4千人を収容できたというトルコ最大級の円形劇場の跡だそう。
山の斜面を使って建てられ、音響効果も考えられていたとか。
IMG_2736_convert_20130219163159.jpg


少し離れて見ると、大きさがわかります。
IMG_2739_convert_20130221143336.jpg

この遺跡の都市の黄金期はローマ帝国支配下の紀元前130年ごろだそうです。

確かにこの遺跡を見ていると、僕はイタリアに行った時に見た遺跡と重なり、
なんだかイタリアにいるような気分になってしまいました。

ローマ帝国の力のすごさが伝わってきます!


1時間ほど歩いて見学しても、遺跡はまだまだ続きます。
IMG_2737_convert_20130219163251.jpg
当時は、ローマ、アレクサンドリアに次いで、3番目に大きな都市として繁栄し、
国際会議なども開かれていたそうです。

楽しみにしていたトルコは、旅の始まりから予想以上に刺激のあるものでした。



これはこの日の昼食。
エーゲ海に面する町では、こうして塩焼きした魚がレストランでも出されています。
これは黒鯛。
IMG_2740_convert_20130219163329.jpg
味は・・・、普通?

でもこうしたあっさりとした食事は体調を崩すことが無くてよいかも、です。

今回の旅では、いつもよりも食事に気をつかい、体調を崩さないように気をつけました。
だから、お酒もほとんど飲みませんでしたし、食事もあっさりしたメニューを食べていました。



次は、世界遺産パムッカレに向かいます!
  1. 2013/02/21(木) 11:48:26|
  2. 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。